デザイン事務所では、通常、多くの社員がデザインに関わる仕事をしています。そのほとんどの社員がデザイン専門学校やデザインに関する高校・大学などの出身者であると考えられます。その人たちは何年・何十年とデザインの仕事を続けてきました。
その一員になれたことを誇りに思うことは必要ですが、利益を追求する事務所の中で、高額な給料を期待するのは賢明とは言えません。先輩社員たちをはるかに超える力量を持ち、事務所を潤すだけの仕事をとってきているのなら話は別になりますが。
そうでない以上、立場をきちんとわきまえ、給料をいただけることに感謝するのがごく自然な姿であると考えられます。

デザイン専門学校を卒業後の給料は良い?悪い?

デザイン専門学校を卒業後の給料は良い?悪い? デザイン専門学校を卒業したとしても、事務所の中で即戦力になれることは稀であると思われます。もちろん、専門的に勉強してきた分野などは、しっかりと仕事をこなすことができても、得意先から仕事をいただき、お客様と連絡・調整をしっかりとこなし、完璧でクレームのない作品を仕上げて納品する。これは一筋縄でいくことではありません。
時には、お客様を酒席等に接待し、バカな真似をしてお客様のご機嫌を取ることだって大切な仕事なのです。デザイン専門学校で学んできたことが一体なんだったのか、そんな思いが脳裏をよぎることも想定されます。
給料については、一人前の仕事ができるまでの必要最低限のアルバイト料、そんな感覚でいなければデザイン事務所での勤務はつとまりません。最初から専門学校を卒業したばかりの社員に、高い給料を払う事務所は皆無と思って差し支えないと考えられます。

デザイン専門学校入学の面接で聞かれる質問内容とは?

デザイン専門学校入学の面接で聞かれる質問内容とは? ファッションやスタイルコーディネート、インテリアや建築などに強い関心を抱いている人の中には、デザイン専門学校に入学してもっと専門的な知識を得身につけたいと願っている人が多く見られます。デザイン専門学校では、生徒を選考するために面接試験を課しているところがあります。面接では、採用担当者がさまざまな質問をして強い意欲を持っているかどうかを判断しているのです。
特によく聞かれる質問としては、沢山あるデザインの学校の中でもなぜこの専門学校に入りたいのかという質問です。これは、他との違いや特色などをしっかりと把握しているかどうかを見極めるために聞かれています。そのため、事前準備でこの学校の教育理念やカリキュラムについて頭に入れておくことによって、スムーズに答えることが可能です。将来はどんなデザインを作りたいかという質問には、正直に本音で答えた方が好感を持たれやすいといえます。専門的な知識を並べるよりも不器用でも誠実にデザイナーになりたいというやる気を感じさせる言葉を伝えることで、信頼を得ることにつながります。
このように、デザイン専門学校の面接試験では、しっかりとその学校について調べて伝えることが何よりも重要といえます。

オススメデザイン専門学校関連リンク

あらゆる角度からデザインを学べる最先端の専門学校です。

デザイン専門学校に通うなら