デザイン専門学校に入学する際に持っていると良い資格はある?

持っていると良い資格 デザインとは物の構成や外見など自分のセンスを周りに視覚化して披露するものです。そんなデザインを学ぶためにデザイン専門学校へ入学する人も数多くいる中、やっぱり自分が1番優れている!とアピールしたいものですよね。そんなとき有利な資格がいくつかありますのでご紹介します。
最近はデザインを視覚化するために絵に表すという表現だけでなくパソコンを使って視覚化しなければならないことも増えてきました。パソコンでデザインを作成するにあたって広く使用されているのが「Photoshop」と「Illustrator」です。
この2つを使った技能検定に「Photoshopクリエイター能力認定試験 」「Illustratorクリエイター能力認定試験」があります。これらを持つと、他の人よりもデザインについて学校にいる間、よりスキルアップを図れる上にソフトを使用する際に迷わなくて済みます。
そしてもう1つ持っていたいのが「色彩検定」です。色彩検定とは色に関する知識や技能を持つ資格で、デザイン専門学校のみならず商品開発を行っている多くの企業でも必要になってくる技術です。これらの資格を持つことによって自分のセンスをより人に分かりやすく伝えることができるようになるので、デザインを学ぶためにぜひ取得したいものです。

デザイン専門学校で技術力を身につける為にすべきこと

デザイン専門学校で技術力を身につける為にすべきこと 一般教養などにも力を入れる芸術系の大学とは違い、デザインに関する専門的知識を集中して学ぶことが出来る場所がデザイン専門学校です。しかし、ただ学校に通ってカリキュラムをこなしているだけでは、他の学生たちから抜きん出ることは難しいでしょう。そのため、個人的に技術力を身につける努力が必要になって来ます。
一番簡単でそして大切なことは、デッサン力を身につけることです。デッサンは絵画やイラストを学ぶ人たちだけでなく、デザインを学ぶ人たちにも大切な基礎力です。実践的な内容を早く身につけさせることを目的とするデザイン専門学校では、授業を設けているところは多くないでしょう。
物をよく見てそれを正しく絵にするという技術は、グラフィックデザインの世界でもファッションデザインの世界でも役に立ちます。また、デッサンをする時には集中力が養われ、そのことはデザイン専門学校で技術力を身につけて行く中で大いに役立つことでしょう。